青汁 酵素

MENU

酵素入り青汁を購入する前に『酵素』についてチェック!

以前からダイエット効果や健康面に期待されている酵素。なんとなく知ってはいるけどあまり深くはわからないという方も少なくないのでは?まずは今更聞けない酵素の知識を身につけましょう!

 

酵素ってそもそも何?

何気なく酵素という言葉を目にしていますが、実はどんなものかよくわからない方も多いかと思います。
簡単に言えば、身体の中の化学反応を助けてくれる「たんぱく質」のことを言います。
酵素には大きく分けて2種類あり、体内にある「内部酵素」、そして外部から摂取する「食物酵素」があります。
内部酵素は「消化酵素」、「代謝酵素」に分けられます。

 

 

消化、代謝、食物酵素の働きは?

「消化酵素」はその名の通り、食べ物の消化吸収に使われる酵素です。
「代謝酵素」は体内で様々な栄養素を代謝し、免疫力をアップさせ、身体の活力となります。
ダイエットや健康のことを考えるなら、いかに消化酵素を節約して、代謝酵素を増やすかがポイントになります。
そこで「食物酵素」の出番です。食物酵素には消化を助ける作用があります。つまり消化酵素を節約できるのです。
その分、代謝酵素を活用できます。
さらに、ファスティングなどで酵素食品での1食置き換えを行なえば、消化酵素を更に節約することができます。

 

 

酵素を摂取するにはどうすればいいの?

では、「食物酵素」を摂取するにはどうすればよいのでしょうか?
酵素は生の食品・発酵食品に多く含まれます。
熱に弱いので、基本的に生のまま摂取することが望ましいのです。
そのため、生で大量に摂取することが難しい肉や魚は食物酵素の摂取に向きません。
食物酵素の摂取には野菜や果物がおすすめです。そしてジュースにすることで、食物酵素は更に活性化します。
生野菜や果物を大量に食べることは大変ですので、酵素飲料にして摂取するのは非常に合理的ですね。
青汁はケールや明日葉など主原料の豊富な栄養素に加えて、
ドリンクで酵素を効率的に摂取するのに最適な飲み物と言えます。

 


酵素入り青汁は痩せやすい身体+αの効果が期待できる

青汁に含まれる酵素は、痩身体質になりたい方に最適な成分です。
ダイエットをしても効果が出にくい方は、すでに肥満体質になっている可能性があります。人間の身体は20代を過ぎると、確実に太りやすくなるのです。
野菜を食べない方ほど太りやすいのは、酵素が不足するからだと言われています。青汁の酵素は天然由来なので、身体に吸収されやすいのが特長です。毎日青汁を飲んでいると、疲れにくい体質に変わっていきます。
これは新陳代謝を活性化し、乳酸などの疲労物質を排出してくれるからです。さらに酵素は若返り作用もあるので、身体の中からアンチエイジングができるのです。
青汁を続けていれば、お肌のハリがよくなっていきます。保湿力が不足している方にもおすすめの食品なのです。

 


ダイエット成功の秘訣は「青汁と酵素」の組み合わせがカギだった

青汁に含んでいる酵素はタンパク質の一種で、持続的に体に取り込む事によって調子が良くなったり、代謝などに関わる体内の酵素の分泌を促す効果に繋がります。
酵素が入っている青汁を継続的に飲む事で、長期的に見れば代謝を活性にしてくれたり、美肌を作ってくれる傾向です。
青汁だけを体内に取り込むと直接的にはダイエットなどに貢献しないが、代謝や美肌などに関わる酵素の力によって代謝が活性化して、食事制限などの努力しなくても痩せていく事が可能です。青汁にはビタミンなどの多くの種類の栄養素が含まれる事によって、免疫を強化できる事によって病気になりにくい体を作れる事がメリットです。酵素を取り入れる事を考えて青汁を買う事を考えながら、美容と健康を促す食品を取り入れる事も重要です。

 


リバウンドにさよなら!酵素青汁で痩せやすい体に♪

現在では、いくつかのメーカーから青汁は販売されていますが、その中の商品には、青汁と酵素が含まれたものがあります。
青汁だけでも栄養素が豊富なため、健康な身体を維持するためには、効果的とされています。酵素は、ヒトの身体のなかで生成されていますが、年齢を重ねるとともに減っていくことがわかっています。
酵素が減ると代謝能力が低下するので、脂肪がつきやすくなるようです。そのため、青汁と酵素が含まれた商品を摂取すると、より健康な身体で美しい肌を保つことができるのです。
青汁の飲料が苦手な方には、栄養機能食品で飲みやすい粒タイプの商品が販売されています。身体に必要な栄養素が多く含まれているので、試されてみてはいかがでしょう。

 


青汁を飲むのと野菜を摂るのとではどう違う?

青汁は生野菜の代わりになる?

色々な種類の野菜類などを、体内へと気軽に摂る事ができてしまう、素晴らしい健康機能食品が青汁です。
様々なタイプの野菜などを、1日に必要になってくる量だけ食べていく事は、現実の野菜の量により、正確に計算して行くと、量的にかなり多いのが事実です。
こうした事から、どうしても大半の人が野菜不足の状態で毎日を過ごしている事になっています。

 

野菜不足を回避していくために、いかにして、しっかりと野菜を簡単に摂り続けるかに関しては、常日頃から研究や実験などが数多く実施され続けています。
そして、1度に沢山の野菜類などを、直ぐ様気軽に摂取する事が出来る魅力的な方法として、野菜ジュースや青汁が作られるようになり、今も日常生活を送って行く上で、健康に気遣う人に積極的に選ばれ飲まれています。
特に青汁は野菜ジュースよりも、カロリーが低く、栄養価も豊富なことで人気が高いのですが、味覚の面からすると、独特の青臭さがあり、どうしても飲みにくさを感じてしまいまう人もいます。
「青汁の味が苦手」という方のために、最近では抹茶風味の青汁や、青臭さのない野菜で作られる青汁が増えていたり、タブレットタイプの青汁や、デザート感覚で食べられるジュレタイプの青汁など、工夫を凝らした青汁が生み出されており、野菜不足解消に役立っています。

 

 

青汁と野菜、栄養価が高いのはどっち?

手軽に栄養が摂れる青汁ですが、気になるのはその栄養価。
青汁を飲むのと、野菜をそのまま食べるのとでは、どちらが栄養価が高いのでしょうか?

 

結論から言うと、成分によって変わってきます。
野菜を直接食べる方が高い威力を発揮する栄養分もあれば、青汁から摂った方が効果的に摂取できる栄養成分もあるということです。
つまりどちらか一方が、完全に優れていて効果的だとは、一様には言う事など出来ません。
例として、生野菜であるのなら、中へと含まれている酵素は、きちんと活きているし、反対に青汁であるのならば、直に食べる事が難しい、ケールの中にあるカルシウムなどを、難無くスムーズに、体内へと摂って行く事が出来るといった具合です。
普通に考えても生野菜のみで、1日に必要になってくる摂取量を、毎日毎日ちゃんと食べ続けて行く事とは、労働省の調査結果を見てもまず不可能でもあります。
他にも献立と最低限の栄養知識などが、どうしても重要となって来ます。
ただし青汁だけの力に頼っていても、あくまでも栄養補助食品である為、青汁だけを飲めば良いということではありません。
普段の食事でも野菜を多く摂るように心がけながら青汁の力も借りて健康や美容を手に入れましょう!

 

 

野菜ジュースと青汁の違いを比較

青汁は独特な味から、明らかに不味いと感じる人や味に慣れるまでは苦戦する人も多いと思いますが、一方で野菜ドリンクに関しては飲みやすいタイプが多くなっているので、青汁は飲めなくても野菜ドリンクなら飲めるという人は多くいると思いますが、野菜ジュースの方が種類も多く安く販売されているタイプも多いので手に入れやすくなっています。
野菜ドリンクも青汁もそれぞれに共通して言えるのは、それぞれが野菜から抽出されたエキスを基に作られた飲み物であるということで、いずれの場合も野菜が原材料になっているというところまでは一緒なのですが、それからの製造過程に大きな差があります。
野菜ジュースに関しては飲みやすいように加工されているため、野菜だけでなく甘い果実なども多く入っていて、どちらかというと野菜に含まれている栄養分を軸にドリンクを製造しているのではなく、飲みやすい野菜を中心にドリンクを製造しているのが特徴となっています。
一方で青汁は栄養成分にこだわって製造しているのが特徴となっており、純粋に野菜の栄養分だけを体内に取り入れたい人からすると野菜ジュースよりも青汁の方が効率的で、なおかつ得たい効果を得られるまでの時間が短いというメリットがあります。
しかし、最近は様々な野菜ジュースや青汁が販売されるようになっていて、栄養にこだわった野菜ジュースもあれば、飲みやすさにこだわった青汁もあるので、物によっては違いが分かりにくいのもあります。