青汁の効果はいつ出る?

MENU

青汁の効果が出るまでどの位の期間が必要?

皆様は青汁を飲んだことはありますでしょうか。たまにバラエティー番組の罰ゲームでタレントが飲んでいるのを見て美味しくないのだろうなぁと感じる人も多いと思います。
私は毎日青汁を飲んでいますが確かに美味しくないですよね。
だからと言って飲めないほど不味いわけではないですが。

 

でも良薬口に苦しとは有名な言葉ですので健康のためと思って飲んでいますが、では苦い分すぐに効果が出てくるのかと言うと決してそういう訳ではありません。むしろ普段の食生活が大切になってきます。

 

普段の食事もカロリーを取りすぎたり脂質を取りすぎたりしては元も子もありません。なので1日の成人摂取カロリーである1800カロリー〜2100カロリーの間で抑えておくべきです。この様に普通の食生活を送っている中で最低1〜2週間は青汁を飲む事を継続して下さい。

 

そうすると少しずつではありますが効果がでてきます。具体的には朝の目覚めが良くなったり、朝のお通じが良くなったり、女性の方ですとお肌がスベスベになったりしてきます。ですのでもし、体調があまりよろしくない方は一度青汁を飲むことをお勧めします。


青汁の賞味期限ってどのくらい持つの?

基本的に殆どの青汁の形態となっている、粉末タイプのケースだと、賞味期限を不安がる必要性は、あまりないのかも知れません。
何故かと言うと、粉末タイプの青汁では、製造して行く段階で、保存期間などを特に気を配りながら、慎重に作られている為、1年位は軽く余裕で、持ってくれたりするからです。
青汁を体内へと摂り続けて行くのを、つい飲み忘れたのならば、その際にしっかりと飲んで行くようにすれば、深刻なトラブルに結び付いて行く可能性は、かなり低いと言えますね。
但し青汁の形態と、幾つかのバリエーションなどが、存在しているように、粉、粒、液体の形態によって、賞味期限は大きく食い違って来ます。
青汁のタブレット型は、粉の青汁に比べ、賞味期限が比較的、長く設けられているようですが、天然成分を中心として作られている、液体の青汁は、特に注意しなければいけません。
材料を絞って凍らせた液状の青汁とは、冷凍庫で保存しておける、液状の特性を上手く生かし、新鮮さをより重視しながら、制作されている商品ですが、新鮮な青汁である分、どうしても劣化して行くスピードが早く、平均して大体6ヶ月位の商品期限が、基準となっております。

 

冷凍タイプの青汁は賞味期限に要注意

 

青汁の中でも一番人気があり定番となっているのが粉末状液状の者になります。
また、より天然に青汁を飲む事が出来る商品として、冷凍タイプの青汁なども開発されています。

 

冷凍タイプの青汁は、冷凍保存ができ、液状独自の利点を上手く生かした、新鮮な青汁にこだわって製造されている、とっても優れた商品です。
新鮮度が高い分だけ、劣化してしまう速度も非常に早く、凡そ120日前後が賞味期限として、事前に設けられていたりします。
約6ヶ月前後の賞味期限が、予め設定されていますが、1番理想的なのは、この半分位の期間およそ3か月の間に、確実に飲み続けて、何とか消費してしまいましょう。
青汁を毎日立て続けに、しっかりと飲んでいるのならば、全く問題ありません。
但し日々会社の業務が大変多忙で、残業が多かったり、出張などにより、自宅を頻繁に、留守にしているようであるのならば、つい忘れてしまい、飲まなくなってしまうケースなどが、多々出て来るようなので、このような状態にある人達には、冷凍青汁は、全く適しておりません。
ですので、場所を取らないタブレットタイプか、粉末タイプの青汁を、最優先で考えながら、購入して行く事を強くお勧め致します。