無農薬青汁

MENU

日本産だから安心とは限らない!農薬が使われている青汁

青汁というのは日本特有の飲み物だと言われていますが、昔から野菜が体の健康に良いということは海外でも知られていたので、青汁に近い飲み物は世界に多くあったのではないかと推測されますが、青汁として商品化されたのは日本の青汁が初めてであり、その健康や美容効果に注目がいくようになり今は世界に青汁が広まっています。
ちなみに青汁を販売しているドラッグストアやコンビニ、通販サイトなどを見てみると日本で販売されている青汁であっても、使用されている野菜は海外産の野菜ということは少なくなく、海外で加工された青汁が日本に入ってくるという逆輸入バージョンもあります。
しかし、青汁というのは健康や美容を目的として飲むものなので、できれば自分が知っている土地で育った野菜が使用されている青汁を飲用したいところですが、その点から考えると日本で取れた野菜が使用されている青汁が飲みたいものです。
もちろん海外産の青汁が品質的に良くないということは無く、金額も安価で設定されている場合が多いので、慎重に選んで購入すれば青汁本来の効果を得る期待もありますが、その青汁を製造しているところやメーカーの情報がなかなか分かりにくいという特徴もあるので調べるのが難しいこともあります。
また、日本で育った野菜だから完全に効果があるというわけではなく、農薬がたっぷりかかった青汁だとそれはそれで体にとって良くないので、野菜が育つ過程や製造過程というのも判断材料にしたいところです。


残留農薬の心配なし!無農薬青汁

そんな中、注目を集めているのが無農薬野菜で作られた「無農薬青汁」です。
昔に比べると無農薬野菜が脚光を浴びるようになりましたが、かなり昔の日本においては農薬を作るという技術が無かったため、すべてが無農薬で作られた野菜だったのですが、それだと虫に野菜が食べられてしまうことに加えて、見た目に関してもあまり良くなかったので、農薬ができてからは農薬を使って農業をするというのが一般的な形となりました。
これによって虫に食われていないきれいな状態の野菜を消費者は手に入れることができるようになったのですが、農薬は虫を殺す効果や寄せ付けない効果があるわけなので、人に害が無いと言われても農薬がたっぷりかかった野菜で作られた青汁を飲むのは抵抗を感じると思います。
そのため、最近は再び農薬を使わない無農薬野菜の需要が高まることになり、無農薬野菜だけで作れた青汁というのも多く販売されるようになりましたが、これによって農薬を気にすることなく青汁を飲むことができるようになり、健康のために飲む人からすると安心して気兼ねなく飲むことができるようになりました。
無農薬野菜と農薬を使った野菜だと農薬のコストがかかる分、農薬を使った野菜の方が高値で取引されるイメージを持つ人も少なくないと思いますが、農薬を使った野菜の方が収穫率は高いため意外と安価で取引されます。
一方で無農薬野菜になると虫食いなどで出荷できない野菜が増えるため、コスト的には無農薬の方がかかることになりますが、そのため無農薬野菜で作られた青汁は金額が高い傾向にあります。